専業大家への道

専業大家への道

横浜で大家業をしてるサラリーマンのブログ

目利きの無い人は

 

個人的な意見です。

 

資産を持っていない人だったり、これから不動産投資を始める人の話です。

 

 

極端に言うと、強すぎる物件を買う人は成功しないです。

(少し極端に言ってます)

 

 

もう少し適切に言うと、

強すぎる物件、物件としては一等地にある物件だったり、

誰もが欲しいと思うような物件を持っている人の事なんでが。

もちろんそういう物件で利回りが高い物件なのであれば全然問題ないのですが、

そういう物件って利回りが超低いです。

立地などは良すぎるけど利回りが低い物件を買う人は成功しにくいという事を言ってます。

 

 

 

物件の目利きがなくて、

利回りの低い、極端に強い物件を買う人は成功しないという話。

 

 

物件の目利きの力が無い人は、

どうしても必要以上にいい物件を選んでしまいがちなんですよ。

もちろん、いい物件そのものは全然よいのですが、利回りの低い強い物件というのは投資の対象として向いていないと思うのです。

 

資産を持っていない人にとっては。

 

 

ここ、結構大いなる勘違いの話だと思うんですよ。

 

すでに資産をたくさん持っている人は話が違うのですが。

 

 

そこそこ弱い物件でも、いい物件を探せば不動産賃貸業は運営できます。

 

そこの見極めの力ですよ。

 

 

私が思う不動産投資で失敗するパターンの1つに、

物件が強すぎるけど、利回りが低い物件を買ってしまって、

満室で運営できたとしても、そもそもCFが出ないというパターンです。

もっと立地が悪くてもいいので利回りが高い物件を買わないとダメなのに、

そこの目利きが無くて、強い物件を買ってしまうという話です。

 

 

今回のブログは、私の個人的な意見です。

いろんな意見を持っている人はこの世の中にいると思います。

 

こういう考えもあると思っていただけたらなと思います。