専業大家への道

専業大家への道

横浜で大家業をしてるサラリーマンのブログ

自分の駐車場に②

 

自分の駐車場に知らない車が駐車されている。

ワイヤーで動けないよにロックし張り紙を貼って家に帰った。

 

 

すると数時間後に電話が鳴る。

 

 

電話の相手は無断駐車野郎だ。

 

「張り紙貼られたものなんですけど」

 

「分かりました向かいます」

 

 

駐車場に向かうと若い男性が立っている。

 

 

張り紙には3万円出したらロックを外してやると書いていたのだが、

その男性がこう言う「すみません。いま3万円もってなくて。1万円で勘弁してもらえないですか」

 

そう言うじゃないですか。

 

 

もともと3万円というのは吹っ掛けた金額だったので1万円で勘弁してあげる事にした。

 

 

1万円を受け取ってロックを外してあげた。

 

 

その男性は何も言わず立ち去った。

 

 

それから私は近所のコインパーキングに止めていた車を取りに行き自分の駐車場に戻した。

 

そんなに長い時間でなかったので駐車場代は千円くらいくらいだったでしょうか。

 

 

泣き寝入りは嫌だったし、

かと言って自分が路駐をしてリスクを負うのもいやだったし、

金額もそれなりの金額に負けてあげたし、

相手はどう思ったのかしらないけど、これでよかったのかなと思いました。

 

私の中では、これで良かったのかなと思いました。

 

 

平穏な結末と思えるその出来事だったのですが、その後の話があったのだった。

 

 

<つづく>