専業大家への道

専業大家への道

横浜で大家業をしてるサラリーマンのブログ

人生ピンチの時は

 

長い人生を生きていると絶体絶命のピンチの状態になる時もあると思う。

 

そんな時の心構えの話。

 

 

よく映画を見ていると、たいがい主人公は途中で必ず挫折をします。

2時間映画の1時間経過くらいで、だいたい大きな挫折をする。

そして、そこから頑張って映画が終わる15分くらい前くらいに、それらを挽回し逆転して、勝利を収めるみたいな感じになる。

 

リアルの人生でも同じです。

 

自分自身を客観的に見て、

自分と言う映画のワンシーンで主人公が挫折をするというシーン。

それが来たと思うのです。

 

客観的に見るのです。

 

リアルの世界では、あんな事もおこったり、

こんな事もおこったり、

いろんなヤバい事が起こるのですが、

映画のワンシーンを見ているかのように、

客観的に自分を観るんですよ。

 

当事者は、内心すごく大変なんだけど、そういう気持ちは横に置いておいて、映画を見てる人間のように客観的に見るのです。

 

主人公はかなりピンチだな〜って。

 

自分と言う映画で主人公がいかに悲観的な状況になって、

この主人公はどうやってその難問を突破していくのか、そういうふうに思えば気持ちも楽だし、きっと本当に映画のようにサイドはハッピーエンドになるものだと思います。

 

映画の主人公だと思って、

客観的にその主人公を見て、

全力でどういうふうにすれば難題をクリアできるのかというふうに考えたらそんなに気持ちもしんどくなくてうまくいくかもしれません。

 

 

頑張って自分自身が主人公の映画でハッピーエンドのエンドロールを流しましょう。